投資信託と税金

投資信託では税金がかかります。利益が発生しますが、その発生した利益には、税金がかかってくるのです。

投資信託ではどのような収益が発生するのかというと、分配金と、償還差益、そして解約益、売却益といった合計4つの収益の期待が可能です。このそれぞれに税金がかかってきますし、国内投資信託商品と、外国投資信託商品では、税金のかかり方が違っていますので注意しましょう。

そして国内投資信託の中でも公社債投資信託と、株式投資信託によっても税金のかかり方が違っていますし、外国投資信託でも、公社債投資信託と株式投資信託では、税金のかかり方が大きく違っているので注意しましょう。

税金の扱いについても、利子所得であったり、配当所得、譲渡所得といったような種類がありますので、自分が取引をしている投資信託は、いったいどのタイプになるのか、税金についてはよく理解しておきましょう。

投資信託で得たお金というのは、給与所得とは別ですから、自分で確定申告をして税金を支払わなくてはいけませんが、特定口座にしておけば、確定申告の際の事務の手続きや負担などがかなり減ります。証券会社が1年間の損益の計算をしてくれますので便利です。

特定口座を選び、なおかつ源泉徴収ありを選択しておけば、損益を計算するだけでなく、源泉徴収までしてくれますから、投資信託による税金を納める際の確定申告が必要なくなるので、忙しい人にとってはとてもお勧めです。

Good Site