投資信託の種類

投資信託といっても実は色々な種類があって、初心者の場合には、どの種類を選べばいいのかわからずに迷ってしまう人も多いと思います。

投資信託の種類として単位型投資信託と追加型投資信託という種類に大きく分けることが可能です。単位型投資信託とは、決まった募集期間中に集められた資金だけを利用して投資信託をして、募集と締め切った後は追加が出来ないという投資信託です。運用期間が決められているので、途中解約もできない特徴があります。

それに比べて追加型投資信託は、投資信託を設定した後いつでも購入可能ですし、換金もできるというタイプです。最初から信託期間がないものもあれば、償還期間が決められていて、期間更新可能なタイプもあります。

他にも投資信託の種類には、国内投資信託と外国投資信託があります。国内投資信託の方は、国内で設定された投資信託で、外国の方は海外で外国の法律により設定されている投資信託となります。

他にも公社債投資信託と株式投資信託という種類があります。公社債投資信託の方は、株式は一切入らずに国債や社債など公社債メインで運用されている投資信託のことをいいます。そして株式投資信託は、その名の通り株式を取り入れて運用するタイプの投資信託です。

今大きく分けてこれだけの種類の投資信託がありましたが、実際には、公社債投資でも、国内・海外と種類がありますし、株式の方も国内海外その他色々とまだ細かく種類が分類されています。

Good Site