投資信託とは

投資信託とは、投資家一人一人から預かった資金をまとめて専門家が管理運用して、その運用の成果に合わせて投資家にお金を配分するという金融投資商品です。色々な金融商品に投資することで、リスク負担も減る分散投資が主流です。

投資家から預かったお金で、色々な債権や株といったものに投資していきますから、投資家は、1つの投資信託に資金を預ければ、それだけで、色々な種類の投資商品に投資をしていることになりますので、自然と分散投資ができている形です。

投資信託は、他の金融投資商品に比べると、かなり少ない資金からもスタートすることができますし、もしもの時には、いつでもお金に換金できるというメリットがありますので、投資初心者にとっても、安心して利用できるのが、投資信託の特徴です。投資信託の商品によっては、換金できる期間が設定されていることもあるので注意しましょう。

投資を始めるにあたって、リスクを少しでも減らすために、分散投資をするというのは基本です。

株取引であっても一つの銘柄だけに集中して投資するのではなく、色々な銘柄を持って同じ資金でも色々と分散投資することで、ひとつの銘柄に万が一のことがあっても、リスクを減らすことができるのです。

投資信託では、一度お金を預けてしまえば、投資のプロが運用してくれますし、しかも複数に分けて分散投資してくれますから、個人で投資をするよりも、安全に投資ができるという流れです。初心者でも手軽にできる投資積立も今人気です。

Good Site