スプレッドでリスクを抱えることに

"スプレッドが大きい通貨の代表的な例としては、ランド円があります。ランドを買おうとすると、買った当初、大損します。なぜなら、スプレッドで通常よりも高く買わされるためです。そうした買った買値よりも、円安によって上回ってこなければなりません。

損からスタートして、円高にふれれば、さらに損します。損からスタートして、円安にふれれば、一旦プラスマイナス0のところに行ってからそれから利益のほうに行きます。

したがって、ランドを買ってしばらく予想どおりの方向に行ったからといって、いきなり利益が出るわけではなく、さらにもうしばらく観察しなければならない、その間にトレンドが変わるリスクも含めて予測どおりに動くとは限りません。"

Good Site