何度も株やFXで負ける人は学習しなさすぎる

一度痛い目を見ると普通は同じ目にあわないように対策を考えて、違う手法ですると思います。かくいう私も株で大事な財産を300万ほど溶かした経験があります。その時はこの世の終わりのように感じましたが、手法を変えて現在も株に投資しています。それからは損失はほぼ出していません。以前は短期売買を主にしていましたが、じっくり銘柄を見極め、数年単位での中期保有に切り替えました。FXは一旦つまづくと莫大な損失を出すようなので、怖くてしていません。  何度も負けている人は、自己分析が苦手な人や現実を認めようとしない人たちだと思います。今のやり方でうまくいっていないことを認めないがために、次は大丈夫、次は儲かる、と自己暗示をかけ、また負ける、の繰り返しだと思います。仮に一度失敗して、手法を変えてやってもまた負けるということを繰り返すと、投資は自分には合っていないんだと気づくものです。そこで株式やFXからは手をひくべきです。それができないこということはどうしようもないと思います。

宝くじで資産運用は頭悪いなと思いますね・・・

買わなければ当たらないから、と言って、宝くじを定期的に買ってる人、身近にたくさんいます。
人によっては、一回数万単位で買っていたり、数人でお金を出し合って買っていたりと色々です。
私から見ると、このように宝くじを買うことが、一番馬鹿らしい無駄なお金の使い方だと思います。
結局、宝くじをやっているところは、国や地方公共団体ですから、ある意味、わざわざ自分から余分に税金以外に支払いをしているだけの感じです。
よく宝くじは、夢を買ってるんだと反論するひとがいます。
現実をちゃんと見ろ、と思いますね。
年間宝くじに投資した金額と、当たった金額を差し引いてみると、こういう人たちは半端じゃないお金を使ってる場合がほとんどです。
5万円から10万円とかが多いですね。
で、当たってもせいぜい1万円くらい。
これだけ予算があるなら、旅行とかおいしい物を食べに行くとか様々な事ができます。
ここであたりが出ました、という宝くじ売り場にはよく長蛇の列が出来てます。
並んでいる時間がもったいないし、無駄なことしてるな、と感じます。
実際自分に確実に利益があることに、有効に使えばいいのになあといつも思います。
まあ、自分のお金をどう使おうと個人の自由です。
しかし、統計的に考えて見ても、宝くじに当たる確実より、宝くじを買いに行く途中で交通事故にあう確率のほうが10倍以上は高いんです。
夢を買う、というファンタジーに取りつかれているんだろうなあ、と思います。
パチンコと同じで、はまってしまうとどうしようもないんでしょうね。
買わないと、大金ゲットのチャンスがなくなるから、という強迫観念まであるかもしれません。
自分自身、昔一回だけ運試しに宝くじを買ったことがありますが、やはりはずれ。
10枚でしたから3000円の出費です。
これだけ出せば、割引の日なら映画を3回見れるのに、と後から後悔しました。

最新のエントリー一覧

損切りの基本中の基本のテクニック

最近、FXという投資方法が注目を集めています。数ある資産運用の方法の中でも特に初...

通貨ペアを工夫する

外貨投資という方法が非常に注目される資産運用の方法となっていますが、このような方...

投資の情報といえば

"選挙で自民党が圧勝してから半年ほど、ずっと低迷していた日本株が上がり出しました...

電子マネーnanacoを使う理由

"過去に利用していた携帯電話やクレッジとカードなど電子マネー機能がついているもの...

クレジットカードの明細が家計簿代わりに!

"クレジットカードって、無駄遣いというイメージが強く持たれがちですが、 私はそん...